看護師の体調管理!こんな症状が出たら要注意!

p476

看護師として働いていると、日勤に夜勤そして研修など…シフト制で研究やレポートも多くてなかなか大変。

そこに患者対応でクレームがあったり、重症患者につきっきりで仕事がはかどらない…なんてこともしばしば。

看護師の仕事の基本である体調管理はなかなか、簡単なようで難しいですよね(*_*;

今回はそんな看護師の体調管理をしていくなかで、こんな症状が出たら注意!というポイントについてご紹介していきたいと思います(^^)

 

1)生理不順がある・生理痛がひどい

これは現在女性なら多い悩みかもしれまんせんね。
女性として生きるなかで付き合っていきなければいけない生理(月経)。

これは女性ホルモンによって影響を受けていますが、その女性ホルモンはストレスによる影響を受けやすいって知っていましたか??

「そんなの当然じゃない」と知っている方も多いかもしれませんが、このストレスの影響って結構大きいんです(*_*;

生理の不順・生理痛もひどい場合には仕事に影響することもあります。
なかには生理不順から婦人科に受診して、不妊症を知った…なんてケースもあります|д゚)

ただの生理不順、生理痛ではなくあまり症状がひどい場合にはぜひ婦人科を受診してみてください。

 

2)仕事に行きたくない・仕事に行こうとすると体調が悪くなる

仕事をしていくうえではストレスはつきものですが、あまりに上記症状が続く場合には一度精神科を受診してみることをお勧めします|д゚)

心と身体を仕事で酷使し過ぎて、看護師がうつ症状になってしまう…そんなケースは少なくありません(´・ω・`)

「もしかして」「こんな筈じゃなかった」と自分を責めずに、無理をせず心と身体を休ませてあげましょう!

例え看護師として働いていようと、貴方の身体が第一なのですから( *´艸`)

職場の上司やスタッフにも相談をして、貴方にとっての無理しない働き方を考えていくのもいいと思います。

職場を変えることもひとつの方法です(^^)

 

3)眠れない

これも、心身に大きな影響を与えるので軽くみてはいけません!

人間にとっての三大欲求のひとつですから|д゚)

「あんまり眠れていない」「夜に眠れない」など、夜勤をしているうえ体内時計がずれている看護師では意外に多くの人が悩んでいることでもあります。

りんごの友人も不眠症で眠剤を服用して働いている人がいました(´・ω・`)
それ位、意外と身近に多い症状だったりします。

人間は良質な睡眠をとらなければ集中力が欠けてしまうし、ひどい場合には人格も変わってしまいます。

睡眠をしっかりとれるよう、自分なりの方法を探しても難しい場合には無理せず眠剤をもらうこともひとつの方法です(^^)無理せず身体を休ませてあげましょう!

 

 

看護師として働いていくなかで体調は崩しやすいものです。

心も身体も健康な状態で働き続けられるよう、身体の不調は早めにケアしてあげましょう!(( *´艸`)

今の環境を変えるなら”転職”という選択もあります

泥沼環境をリセット!新しい環境をイチから築くなら、こちらの転職サイトがおすすめです。

看護roo!

看護roo!

安心して働ける病院を探すなら

とにかく今の職場を辞めたいという人でも、カウンセリングから面接同行まで、様々な形でのサポートをしてくれるので、初めての転職という看護師さんでも安心!

詳しく見てみる

マイナビ看護師

マイナビ看護師

スピーディーな対応を求めるなら

登録後、コンサルタントの方の対応、そして面接。サポートがしっかりしているのですべての流れが無駄なくスピーディ!登録から内定まで1か月という方もいるそうです。

詳しく見てみる

看護のお仕事

看護のお仕事

親身なコンサルタントに相談したいなら

求人の量もさることながら、親身に相談にのってくれるコンサルタントの対応にも定評があるようです。不安なことをいろいろ相談できて自分の納得がいく転職ができそうです。

詳しく見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ