超高齢化社会における訪問看護師の必要性

65歳以上の人口が総人口の7%に及ぶ社会を高齢化社会といい、14%に達した社会を高齢社会という。さらに、その数が21%に達すると超高齢社会という。だが、日本では1970年には、すでに高齢化社会となり、1994年には高齢社会となった。高齢化社会は医療技術及び生活の質が向上した先進国ではどこでも見られる普遍的な現象であるが、日本はその中でももっとも高齢化している国である。そこで、高齢者向けのさまざまなサービスと職業の必要性が増した。その中のひとつが、訪問看護師である。


訪問看護師は、言葉通りに実際に在宅に訪問して定期的に高齢者のケアを行う看護師さんのことである。訪問看護師は基本的には保健センターで派遣されることが多いが、最近では民間主体でサービスを提供しているところもある。この種類の在宅医療サービスは高齢者の多い日本では不可欠なものであり、今後その重要性が増すと考えられる。だが、そのニーズに比べ、需要が十分ではなく、在宅医療サービスの不十分さは今では非常に深刻な課題となっている。


訪問看護師を含む在宅医療サービスにおける人材不足の課題を解決するには、今まで公共サービスだけで回してきたものを、より民間に任せる必要がある。民間が公的サービスの実施主体となることで、公的サービスを補充することか可能となる。なお、訪問看護師は一人あたりの責任が多い上に待遇が期待できない仕事である。それゆえ、訪問看護師を希望する人が減りつつある。業務環境改善と人材育成も同時に行うことも、人材不足の課題に向けて今後日本でやるべきことである。

いざ、泥沼から脱出! 転職を考える看護師さんへ

泥沼環境をリセット!新しい環境をイチから築くなら、こちらの転職サイトがおすすめです。

看護roo!

看護roo!

安心して働ける病院を探すなら

とにかく今の職場を辞めたいという人でも、カウンセリングから面接同行まで、様々な形でのサポートをしてくれるので、初めての転職という看護師さんでも安心!

詳しく見てみる

マイナビ看護師

マイナビ看護師

スピーディーな対応を求めるなら

登録後、コンサルタントの方の対応、そして面接。サポートがしっかりしているのですべての流れが無駄なくスピーディ!登録から内定まで1か月という方もいるそうです。

詳しく見てみる

看護のお仕事

看護のお仕事

親身なコンサルタントに相談したいなら

求人の量もさることながら、親身に相談にのってくれるコンサルタントの対応にも定評があるようです。不安なことをいろいろ相談できて自分の納得がいく転職ができそうです。

詳しく見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ