そろそろ転職かも~転職を考える際の3つのきっかけポイント~

7

看護師として働き続けるなか、同じ職場で働いて経験を積むことも大切ですが
ずっと同じ職場で働いていると

「ずっと同じ職場でいいのだろうか」
「もっと違う職場で経験すべきことがあるのでは」

等と考えてしまいますよね。

看護師という職業は、その職場ごとで経験出来ることや学ぶことなどが様々で
ずっと「病院」で働いている看護師と、「診療所のみ」で働いている看護師では
「医師の診療補助」の業務は一緒かもしれませんが

業務の内容は全く違います。

今回は、看護師として働いていくなかで、転職を考える場合の3つのポイント(視点)について
ご紹介していきたいと思います。

 

1)看護師として新たなことを学んでいきたい

看護師として働いていくなかで、「学び続けること」が必要であると言われています。
常に医療の世界は進歩している為、以前では「当然」と思われていた
処置や決まりが180度変わってしまうこともあります。

その為、看護師として働くなかでも

「先進医療を学んでいきたい」
「もっと急性期医療について経験をしたい」など

自分の看護師の経験として、様々なことを学んでいきたいと思ったときには、
積極的に転職に関して動いていいと思います。

場合によっては、系列病院などで、経験出来ることもあるかもしれないので
自分の経験したい・学びたいことを明確にしたうえで
様々な病院についてきちんと下調べをすることをお勧めします。

 

2)職場の人間関係を変えたい

看護師という職業はどちらかというと、
人間関係が他職種と違って閉鎖的であることが多いです。

特に法人・個人病院などでは、人間関係が狭く深く閉鎖的で
その職場ごと、独特の人間関係などが出来上がっていることが多く
その人間関係が、一番のストレスになっている…なんてこともしばしば。

多少の問題であれば、我慢しておけば済むかもしれませんが
人間関係のストレスがあまりにも負担がかかる場合には
無理せず職場を変えることも必要だと思います。

人間関係のストレスで体調を崩してしまっては、
元も子もありませんから…

そのような場合には、転職を考え様々な口コミなどを聞いたり調べたりして
次の職場では人間関係で悩まないようなところへ転職していきましょう!!

 

3)プライベートを確保したい

看護師という職業はなかなか、
仕事以外の仕事が多く(皆さんお分かりだと思いますが)
夜勤明けや休日ですらも何かと職場に縛られることが多いです。

係の仕事や看護研究、発表…など様々なことで予定が埋まってしまうことや、
自宅に帰ってからも仕事関連でしなければいけないことが多く、
なかなか自分のプライベートな時間をゆっくり過ごすことが出来ないことも多いです。

特にそれなりの大きな病院や大学病院などでは、
そのような場合が多く、仕事をメインにプライベートの予定を
考えなくてはいけない…なんて場合が多いですよね。

それなりに働いて経験も積んだ、そろそろいい加減プライベートをメインに過ごしたい。
なんて思っている方も多いと思います。

経験をされている方であれば、プライベートに重きをおいて
転職することは全然悪いことではありません。

プライベートを優先したっていいんです。
そのような場合には無理せず職場を変えましょう。

 

いざ転職!となると、なかなか勇気が出ない…
次の職場に対しての不安が強い…なんて気持ちもあるかもしれませんが
前向きに考えていきましょう。

人生は一度しかありません。

その時々のタイミングというものがあると思います。

本当に「転職したい」と思っているのであれば、
その気持ちを大切にして行動されてみては如何でしょうか?

 

今の環境を変えるなら”転職”という選択もあります

泥沼環境をリセット!新しい環境をイチから築くなら、こちらの転職サイトがおすすめです。

看護roo!

看護roo!

安心して働ける病院を探すなら

とにかく今の職場を辞めたいという人でも、カウンセリングから面接同行まで、様々な形でのサポートをしてくれるので、初めての転職という看護師さんでも安心!

詳しく見てみる

マイナビ看護師

マイナビ看護師

スピーディーな対応を求めるなら

登録後、コンサルタントの方の対応、そして面接。サポートがしっかりしているのですべての流れが無駄なくスピーディ!登録から内定まで1か月という方もいるそうです。

詳しく見てみる

看護のお仕事

看護のお仕事

親身なコンサルタントに相談したいなら

求人の量もさることながら、親身に相談にのってくれるコンサルタントの対応にも定評があるようです。不安なことをいろいろ相談できて自分の納得がいく転職ができそうです。

詳しく見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ