看護師がハマりやすいのは不倫愛!?~不倫にハマらない為の3箇条~

6

看護師は普段から医者や臨床工学士、理学療法士や放射線技師など…
様々な病院内の職種の人と関わりを持つことが多いです。

そのなかでも特に医師とは、普段からの業務やカンファレンス、仕事以外でも飲み会などで関わりを持つことが多いです。
その為か、看護師は医師との浮気・不倫率が結構高かったりします。

それを一経験として楽しむ程度であれば、問題はないかもしれませんが、
本気で不倫をして職場で問題になってしまったり、医師の妻から直接連絡がきて
「主人と別れて」なんて言われてしまうまでのケースも…

そもそも、そんなことにならないのが一番なのですが、そのようなケースになってしまう場合もしばしばあるようです。

今回は、そんな不倫愛にハマらない為の注意すべき3つの注意点についてご紹介していきたいと思います。

 

1)医師との距離(関係)を縮めすぎない

医師と飲み会を頻繁にやる看護師のグループ…以外と職場で見かけます。

数人のグループでの飲み会であれば、さして問題はないかもしれませんが、
これが少人数などの場合は問題が生じてくることもあります。

お酒も入るので、多少のスキンシップから「これ位なら大丈夫なのか…」と探りを入れてくる場合もあります。

そこで貴方が許してしまうと、、どんどんエスカレートしていき、心より先に身体の方から関係が出来てしまった…なんてことも(*_*;

例え職場の医師であろうと男性です。一定の距離を保ちつつ注意して、「相手には妻がいる。帰るべき家がある」ことを頭にしっかり入れておくことが大切です。

 

2)「自分の大切な時間を犠牲にしている」と考える

相手にとっては、軽い気持ちで始めた不倫・もしくは身体だけの関係かもしれません。貴方も同じような気持ちで接していられるのであれば、さして問題はないかもしれません。

しかし、「貴方の大切な時間を既婚者の遊びに付き合い、無駄にしている」ことは確かです。

それで貴方が問題なければいいのかもしれませんが、もしそれが1年、2年…と続いた場合には、
それだけ貴方の結婚できる可能性や、他の男性と幸せになれたかもしれない時間を犠牲にしていた、と考えた場合には、
どちらが良かったのか一目瞭然ですよね…

貴方の大切な時間を犠牲にしない為にも、不倫はやめておいた方がいいと思います。

 

3)不倫をすると「二番目の女」になりやすいので注意

不倫をしていると、不倫相手は、やはり「妻のいる帰るべき家」に帰ります。
貴方は所詮二番目の女なので、大事な週末の時間などは、家族サービスなどの為に、貴方はおざなりになってしまいがちです。

そうなると、やはり週末やイベント時期には、貴方は一人で寂しい思いをしなくてはなりません。そして、その寂しさ・辛さから負のオーラをまといやすく「どうせ私なんて…」と思いがちになってしまいます。

そのような女性の周りには、あまり良い男性は寄ってこず貴方を「二番目の女」「都合の良い女」として、
扱おうとする男性に口説かれることが多くなるでしょう。
そして、寂しさからそのような男性を受け入れてしまうことも…

そのような男性は、いくら寂しい気持ちがあったとしても、受け入れることはせずきちんと断る勇気が必要です。

既婚者男性は、独身男性と違い様々なことを経験している為、魅力的に見えることもあります。
しかし、だからといって不倫をして不倫に溺れてしまうと、自分の大切な時間・身体・気持ちまでもが犠牲になってしまうので、
自分自身を大切にし不倫に溺れないように注意しましょう。

今の環境を変えるなら”転職”という選択もあります

泥沼環境をリセット!新しい環境をイチから築くなら、こちらの転職サイトがおすすめです。

看護roo!

看護roo!

安心して働ける病院を探すなら

とにかく今の職場を辞めたいという人でも、カウンセリングから面接同行まで、様々な形でのサポートをしてくれるので、初めての転職という看護師さんでも安心!

詳しく見てみる

マイナビ看護師

マイナビ看護師

スピーディーな対応を求めるなら

登録後、コンサルタントの方の対応、そして面接。サポートがしっかりしているのですべての流れが無駄なくスピーディ!登録から内定まで1か月という方もいるそうです。

詳しく見てみる

看護のお仕事

看護のお仕事

親身なコンサルタントに相談したいなら

求人の量もさることながら、親身に相談にのってくれるコンサルタントの対応にも定評があるようです。不安なことをいろいろ相談できて自分の納得がいく転職ができそうです。

詳しく見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ