看護師だからこそ必要?!~貯金を溜めていく為の3箇条~

41

看護師は他の女性の職業に比べれば、若干給料は高いかもしれません。
しかし、実際には労力に対しての給料が安いと感じている方が殆どだと思います。

まして、その給料で一人暮らしをして、気晴らしの買い物などをすると…実際、貯金は溜まらないです|д゚)仕事でも、参考書の購入や勉強会の参加など…実費でしなくてはならないことも多く、なかなか大変ですよね。

今回は少しでも貯金をしていく為のポイントについてご紹介していきたいと思います☆

 

1)給料から引かれる財形貯蓄などを始める

入職時の手続きや職場の事務部などに確認を行い、給料から自動的に引かれ貯金をされる「財形貯蓄」をすることをお勧めします☆

これは、自分で決めた金額が毎月の給料から自動的に振り込まれます。貯まった貯金は簡単に引き落としを行うことが出来ません。

貯金を降ろす時には、職場で必要な手続きを行わなければならず、すぐに貯金が引き落とせるわけでもありません。

貯金を降ろす際の手続き等を考えると、なかなか貯金を降ろすこともしなくなるので
貯金額を引いた給料で生活を行うことを習慣にすることが出来るので、貯金を行うにはとても便利です(^^)

 

2)一年の貯金目標額を決め、先取り貯金を心掛ける

毎年、一年の貯金の目標額を自分で決めて、それを達成できるよう具体的な毎月の貯金目標額を決めましょう。
目標額が具体的に決まることで、毎月の貯金がきちんと貯められるように先取り貯金をするようにします。

そうすると、残った金額でやりくりを行えば自然と貯金が行える形になります。

もし、やりくりに不安があるときには、無理に貯金を頑張り過ぎず他の月やボーナス等で調整を行うことも出来るので、
あまり無理はし過ぎないように、貯金する習慣をつけていきましょう。

 

3)無駄な買い物はしない

これは夜勤明けの買い物にありがちなのですが、なぜかそこまで必要ないものを買ってしまっている…
なんてことありますよね。

「無駄な買い物」これは、ある意味で一番お金の無駄遣いかもしれません。本当に必要なものを必要なときに、必要なものだけ買う。

これが出来ていれば、散財することもなく、自然と貯金が出来ていくことでしょう(^^)

自分へのご褒美や贅沢も大切ですので、それ以外の「必要ないと思うもの」はどんどん省いて
「必要な自分のご褒美」にしっかりとお金を使っていくようにしていきましょう★

看護師は仕事のストレスで、普段から買い物や自分へのご褒美、夜勤明けの頭で不必要なものを買い漁ってしまったり…
何かとお金を使うことも多いです(´・ω・`)

締めるところは締めて、使うときは使う。

貯めるところは貯める!!
これを心掛けて未来のための貯金を溜めていきましょう(^^)

 

今の環境を変えるなら”転職”という選択もあります

泥沼環境をリセット!新しい環境をイチから築くなら、こちらの転職サイトがおすすめです。

看護roo!

看護roo!

安心して働ける病院を探すなら

とにかく今の職場を辞めたいという人でも、カウンセリングから面接同行まで、様々な形でのサポートをしてくれるので、初めての転職という看護師さんでも安心!

詳しく見てみる

マイナビ看護師

マイナビ看護師

スピーディーな対応を求めるなら

登録後、コンサルタントの方の対応、そして面接。サポートがしっかりしているのですべての流れが無駄なくスピーディ!登録から内定まで1か月という方もいるそうです。

詳しく見てみる

看護のお仕事

看護のお仕事

親身なコンサルタントに相談したいなら

求人の量もさることながら、親身に相談にのってくれるコンサルタントの対応にも定評があるようです。不安なことをいろいろ相談できて自分の納得がいく転職ができそうです。

詳しく見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ