准看護師制度の現状と今後の廃止への動き

日本の医療では、医師が患者を診療する際の補助や、入院患者の介護、手術に関し、執刀医師のサポートをする事を主たる業務とする看護師制度がある。また准看護師制度もあり、以前より、准看護師制度の廃止が議論されてきた。看護師と准看護師は主たる業務は同様なものの、法律上、若干の差異が存在している。この差は法律により明確にされており、看護師は患者に対し、自分の判断による看護を行えるが、准看護師では、医師、歯科医師又は看護師の具体的な指示のもとでしか看護を実践できない。日本看護師協会は、准看護師制度の廃止を国に提言しているものの、なかなか廃止へ向け進捗しないのが現状である。


このような自体に発展した根本的な背景には、戦後日本の看護師不足があった。戦後の日本では、看護師の数が圧倒的に不足しており、准看護師制度を暫定的に設置した。しかし、現代医療の中では高度な医療技術や知識が要求されるケースも多くなり、准看護師制度の廃止が取り沙汰されるようになった。これは准看護師制度自体が、元々暫定的な目的により設置された事、高度で良質な医療を提供する為には、当然高度な教育が必要になった事などが挙げられる。しかし、現状では、准看護師制度の廃止が議論されている段階であり、廃止へとはなかなか進んでいない。


准看護師制度の廃止がなかなか進捗しない理由として挙げられるものに、日本医師会と日本看護師協会の歩調が揃わない所にある。日本医師会としては、医師、歯科医師又は看護師の指示のもとで看護を実践できるという准看護師の特性上、准看護師でも十分に看護の労働力として期待できるとしているのに対し、日本看護師協会は、高度な知識や技術を身につけた看護師制度への一本化を求め、准看護師の廃止を要望している。しかし、准看護師の養成教育機関は減少の傾向にあるため、今後は准看護師制度の廃止へと進むものと見られている。

いざ、泥沼から脱出! 転職を考える看護師さんへ

泥沼環境をリセット!新しい環境をイチから築くなら、こちらの転職サイトがおすすめです。

看護roo!

看護roo!

安心して働ける病院を探すなら

とにかく今の職場を辞めたいという人でも、カウンセリングから面接同行まで、様々な形でのサポートをしてくれるので、初めての転職という看護師さんでも安心!

詳しく見てみる

マイナビ看護師

マイナビ看護師

スピーディーな対応を求めるなら

登録後、コンサルタントの方の対応、そして面接。サポートがしっかりしているのですべての流れが無駄なくスピーディ!登録から内定まで1か月という方もいるそうです。

詳しく見てみる

看護のお仕事

看護のお仕事

親身なコンサルタントに相談したいなら

求人の量もさることながら、親身に相談にのってくれるコンサルタントの対応にも定評があるようです。不安なことをいろいろ相談できて自分の納得がいく転職ができそうです。

詳しく見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ