クリニックや診療所という呼び方の違いを教えてくれた看護師の友人

友人に看護師の人がいます。この友人の母親や姉も看護師なんだそうです。そのため友人は、幼い時から自然と自分も将来は看護師になるものなんだと思っていたそうです。はじめは、母親が看護師で憧れていたからだと思っていたそうですが、実際にいざ自分の進路を決める時になって、自分は人のために役立ちたい、病気やけがで不安になっている人のお世話をしてあげたいから看護師になりたいのだと、はっきりと自覚して進路を決めたそうです。

高校もそれなりの進学校へ通い、3年間こつこつと努力をして、そこから国公立大学の看護学部へストレートで入学できたそうです。卒業後、いざ看護師として就職するとなった時、友人は病院か診療所かで迷ったそうです。母親は結婚前は診療所勤務で、結婚後引っ越してからはクリニック勤務なんだそうです。姉は、看護学校時代の友人の親戚の人の紹介で就職した病院勤務なんだそうです。わたしはふと、クリニックや診療所、医院、病院など呼び方の違いは何なのか疑問に思いました。

友人が言うには、クリニック、医院と名乗っている所は診療所になるそうです。診療所とは、入院施設が全くないか、ベッド数が19以下の医療機関の事をいい、病院とはベッド数が20以上の医療機関の事なんだそうです。また、病院と診療所では、必要な医師や看護師、薬剤師などのスタッフ数も定められている最低条件が違うそうです。けっきょく友人は、クリニックに就職したそうです。仕事はとても大変だけど、人の役に立ててる喜びを数年たった今でも感じながら働いているそうです。

今の環境を変えるなら”転職”という選択もあります

泥沼環境をリセット!新しい環境をイチから築くなら、こちらの転職サイトがおすすめです。

看護roo!

看護roo!

安心して働ける病院を探すなら

とにかく今の職場を辞めたいという人でも、カウンセリングから面接同行まで、様々な形でのサポートをしてくれるので、初めての転職という看護師さんでも安心!

詳しく見てみる

マイナビ看護師

マイナビ看護師

スピーディーな対応を求めるなら

登録後、コンサルタントの方の対応、そして面接。サポートがしっかりしているのですべての流れが無駄なくスピーディ!登録から内定まで1か月という方もいるそうです。

詳しく見てみる

看護のお仕事

看護のお仕事

親身なコンサルタントに相談したいなら

求人の量もさることながら、親身に相談にのってくれるコンサルタントの対応にも定評があるようです。不安なことをいろいろ相談できて自分の納得がいく転職ができそうです。

詳しく見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ