看護師として働き続ける!体調管理の3つのポイント

看護師として働き続けていくなかで、毎年年齢を重ねていき若いときのように連日無理は出来なくなり体調も崩しやすくなります。

看護師として働き続ける為には、年齢を重ねていっても常に体調に気を使い自分自身が健康に問題なく過ごせていることが大前提となります。

「私は大丈夫~」と思っていても、病院には多くのウィルスや菌、感染症の患者いる為いつどこでどのように感染するか分からないのが現状です。

今回は、看護師として働き続ける為の体調管理のポイントについてご紹介していきたいと思います。

 

1)睡眠をしっかりととる

人間は基本的に睡眠をしっかりととらないと、身体の疲労はとれません。
それは皆さんもご存知だと思いますが、睡眠が足りてないだけで集中力が不足したり身体の倦怠感が出現し便秘などの症状が出ることがあります。

それらが引き金となり、身体の様々な不調が出ることがあります。
仕事は大変だとは思いますが、睡眠はしっかりととるように心がけましょう(*_*;

 

2)水をしっかりととる

人間の身体の60%は水分でできています。仕事中は特に忙しくなかなか水分を摂取出来ないことが多いですよね。

脱水になると疲労感が強くなったり、頭痛になることもあります。
そのような症状がでる前から、水分はまめに摂取しましょう。

水分は同じ水分でも、お茶やジュースなどではなく水を飲みましょう。

お茶では逆に利尿作用が働いてしまうことがあるので、身体には水を飲む方がお勧めです( *´艸`)

 

3)蛋白質をしっかりととる

人間の身体の20%はタンパク質でできています。人間の3大栄養素は炭水化物・脂質・蛋白質の3つです。

そのなかでも、炭水化物は意識しなくても、普段の生活のなかで食べる機会が多いと思いますが蛋白質は意識して摂取しないと一日で全く摂取していない日があることも多いと思います。

しかし、人間の髪・爪・皮膚・筋肉など蛋白質で出来ています。
また、その蛋白質のなかに必須アミノ酸があり人間にとって身体をつくるうえで必要不可欠です。これは皆さんご存知だと思うのですが、大切なことなので記載しました|д゚)

糖質よりも蛋白質を意識してとることをお勧めします( *´艸`)
蛋白質は食後血糖も上がらないので、食後の空腹感もなく仕事に集中もしやすくなりますよ☆

 

仕事をするうえでは、まずは自分自身の体調管理!
なかなか分かっていても、無理をしてしまう方が多いと思いますがそのようなときにはこれらを意識して体調を崩さないよう気をつけていきましょう。

特に最近はインフルエンザが流行しているので、まず感染しない身体・強い粘膜を維持していくためにも実施していきましょう( *´艸`)

今の環境を変えるなら”転職”という選択もあります

泥沼環境をリセット!新しい環境をイチから築くなら、こちらの転職サイトがおすすめです。

看護roo!

看護roo!

安心して働ける病院を探すなら

とにかく今の職場を辞めたいという人でも、カウンセリングから面接同行まで、様々な形でのサポートをしてくれるので、初めての転職という看護師さんでも安心!

詳しく見てみる

マイナビ看護師

マイナビ看護師

スピーディーな対応を求めるなら

登録後、コンサルタントの方の対応、そして面接。サポートがしっかりしているのですべての流れが無駄なくスピーディ!登録から内定まで1か月という方もいるそうです。

詳しく見てみる

看護のお仕事

看護のお仕事

親身なコンサルタントに相談したいなら

求人の量もさることながら、親身に相談にのってくれるコンサルタントの対応にも定評があるようです。不安なことをいろいろ相談できて自分の納得がいく転職ができそうです。

詳しく見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ