認定看護師の資格を得るには

認定看護師の資格を目指す看護士が増えています。認定看護師の必要性が叫ばれるようになった背景には、医療や看護の高度化・多様化があると言われています。看護師と認定看護師の違いは、より専門的でハイレベルな知識と技術を身につけているという点です。認定看護師の資格を持つと、認定看護師が自ら高度な看護を実践し、他の看護師に対して看護技術指導を行ったり、相談に乗ることができるのです。そのため、認定看護師の資格習得を目指す看護士が増えていると言うわけです。


認定看護師の資格を得るための条件は助産師、保健師、看護師の免許を持ち、5年以上の実務経験を積んでいることが必要となります。さらに、実務経験5年のうちの3年以上は認定看護分野で実務研修をしていることが必須となっています。そのため、認定看護分野の実務研修を行うことのできる病院に勤めることが、認定看護師の資格を得るために必要な条件となっているのが現状です。認定看護師の資格を目指している看護師であれば、予め認定看護分野での実務研修を行えるかどうかを調べるておくと良いでしょう。


ひとえに認定看護師の資格を得ると言っても、実務経験3年以上を必要とされる認定看護分野は多岐に渡ります。例えば、救急看護、手術看護、集中ケア、がん化学療法看護、認知症看護など。認定看護分野は21種類にも及びます。このような専門看護を経験しながら、6ヵ月以上に渡って集中的に認定看護師の教育課程を学習することが、認定看護師への受験資格となっています。日本看護協会の認定看護師試験に合格した後、晴れて認定看護師の資格を得ることができるのです。

いざ、泥沼から脱出! 転職を考える看護師さんへ

泥沼環境をリセット!新しい環境をイチから築くなら、こちらの転職サイトがおすすめです。

看護roo!

看護roo!

安心して働ける病院を探すなら

とにかく今の職場を辞めたいという人でも、カウンセリングから面接同行まで、様々な形でのサポートをしてくれるので、初めての転職という看護師さんでも安心!

詳しく見てみる

マイナビ看護師

マイナビ看護師

スピーディーな対応を求めるなら

登録後、コンサルタントの方の対応、そして面接。サポートがしっかりしているのですべての流れが無駄なくスピーディ!登録から内定まで1か月という方もいるそうです。

詳しく見てみる

看護のお仕事

看護のお仕事

親身なコンサルタントに相談したいなら

求人の量もさることながら、親身に相談にのってくれるコンサルタントの対応にも定評があるようです。不安なことをいろいろ相談できて自分の納得がいく転職ができそうです。

詳しく見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ