冬の時期は要注意!看護師が特に気をつけるべき体調管理のポイント3つ

p591

最近はとても寒いですよね( ゚Д゚)

ウィルス感染やインフルエンザなども流行っている為、働きながら体調管理を行うのってなかなか大変ですよね(*_*;

まして夜勤などを行っていれば、特に体調も崩しやすいです。

今回はそんな、看護師として働きながら体調管理をするポイントをご紹介していきます( *´艸`)

 

1)睡眠をしっかりとる

これは基本的なことではありますが、夜勤など不規勤務で睡眠リズムが崩れているうえ睡眠が不足していると身体の免疫が低下し、感染しやすい状態になってしまいます。

看護師として働いている人で夜勤をしている人は日勤常勤の人に比べ、体調を崩している人は臨床の場では実際に多くいます。

体調が優れない…なんて日は早めに就寝して、しっかりと睡眠時間を確保しましょう。

身体にはしっかりと睡眠の休息を与えて、体調管理を行ってください(^^)

 

2)手洗い・うがい・マスクで予防を

看護師として働く以上、患者さんや患者さん家族、ほか様々な人と接する機会があり
いつ・どこで・どこから感染するか分からない状況が常にあります。

その為、まず感染しない為の対策としてはマスクを装着し手洗い・うがいを徹底することが大切です。

マスクはきちんと鼻を覆うように装着しないとマスクをつけている意味がないので、
しっかりと鼻まで覆いましょう。

そして手洗いを行う際には、ただ適当に洗うのではなく指先・爪の隙間・指の間なども忘れずしっかりと洗うようにしましょう。
手洗いもきちんと出来ていなければ、そこから自分自身に感染してしまう為必ず一処置一手洗いの徹底に気をつけて行っていきましょ( *´艸`)

うがいは最近はイソジン液でなくても、水でも十分に効果があるとされているので水でしっかりとうがいをして予防に注意していきましょうね!

 

3)患者さんの状態にも注意する

この時期には、患者さん本人がインフルエンザでなくても患者さんの家族・面会者などがインフルエンザをもっていて
そこから院内に感染する…なんてケースも多いです。

その為、患者さんの体温や全身症状には注意して観察しいきなり熱発し関節痛がある…などの場合にはすぐにインフルエンザを疑い感染対策を行っていくようにしましょう。

そのままインフル疑いの患者さんをそのままにしておくことは自分まで感染の可能性を上げるほか、院内感染の原因にもなります。

そのようなことにならない為にも、患者さんの状態には注意して観察し
早い対応を心掛けていきましょう( *´艸`)

 

この冬の時期は、寒さやシフト勤務、インフルエンザが流行っていたりと何かと体調を崩しやすい時期になります。

その為、しっかりと体調管理を怠らないよう注意していく必要があります。

無理はせず、早めの休息・対策をとって身体には注意していきましょうね( *´艸`)

 

今の環境を変えるなら”転職”という選択もあります

泥沼環境をリセット!新しい環境をイチから築くなら、こちらの転職サイトがおすすめです。

看護roo!

看護roo!

安心して働ける病院を探すなら

とにかく今の職場を辞めたいという人でも、カウンセリングから面接同行まで、様々な形でのサポートをしてくれるので、初めての転職という看護師さんでも安心!

詳しく見てみる

マイナビ看護師

マイナビ看護師

スピーディーな対応を求めるなら

登録後、コンサルタントの方の対応、そして面接。サポートがしっかりしているのですべての流れが無駄なくスピーディ!登録から内定まで1か月という方もいるそうです。

詳しく見てみる

看護のお仕事

看護のお仕事

親身なコンサルタントに相談したいなら

求人の量もさることながら、親身に相談にのってくれるコンサルタントの対応にも定評があるようです。不安なことをいろいろ相談できて自分の納得がいく転職ができそうです。

詳しく見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ